Search
Search Menu

運転免許の種類

自動車運転免許の種類

運転免許には、普通自動車や普通自動二輪を運転できる第一種運転免許とバスやタクシーなど仕事としてお客様を乗せることができる第二種運転免許があります。まず運転するには、第一種運転免許が必要です。

普通免許は、普通自動車や軽自動車が運転できます。オートマチック車限定の免許とオートマチック車とマニュアル車を運転できる免許があります。今では、オートマチック車限定の免許を取る人が多いようです。車両総重量3.5トン未満、最大積載量2.0トン未満の普通自動車が運転できます。日常で車を運転するだけであれば、普通免許で十分です。
準中型免許は、2017年3月に新設された免許です。車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満の準中型自動車が運転できます。今までは、普通免許を取得してから経験と年齢を重ねて次にステップアップしなければいけなかったのですが、この準中型免許は初めてでも取得することができます。

中型免許は、車両総重量11.0トン未満、最大積載量6.5トン未満の中型自動車が運転できます。取得するには、免許期間2年以上で20歳以上の受験資格が必要です。
大型免許は、車両総重量11.0トン以上、最大積載量6.5トン以上の大型自動車が運転できます。取得するには、免許期間3年以上で21歳以上の受験資格が必要です。
原付免許は、原付(原動機付自転車)だけ運転できます。二輪のスクーターだけでなく、原付の条件を満たした三輪のスクーターや四輪のスクーターなども運転できます。しかし、原付は普通免許を含め他の免許でもほとんど運転できるので、単独で取得する人は多くないです。

自動二輪免許と特殊車両免許の種類

普通二輪免許は、排気量が50cc以上400cc以下の普通自動二輪が運転できます。しかし、排気量が125cc以下であれば小型二輪限定免許で運転することができます。また、普通免許同様にオートマチック二輪車限定免許があります。
大型二輪免許は、排気量が400ccを超えた自動二輪が運転できます。普通二輪免許は16歳以上で取得できますが、大型二輪免許は18歳以上でなければいけません。

小型特殊免許は、16歳以上で取得でき、荷物運搬用車両(フォークリフトなど)や農作業用車両(トラクターやコンバインなど)、道路工事用車両が運転できます。しかし、普通免許や普通二輪免許などほとんどの免許を取得すれば、小型特殊車両は運転できるようになります。
大型特殊免許は、18歳以上で取得でき、特殊車両を公道で運転するために必要になります。現場で作業を行うには別に資格が必要なので、合わせて取得しておきましょう。

牽引免許は、牽引自動車(貨物トレーラーやタンクローリー、キャンピングトレーラーなど)が運転できます。しかし、あくまでも連結車両部分に関する免許なので、牽引免許のみでは車両を走行させることはできません。それぞれ牽引する車両の免許が必要になります。

どんな車両を運転したいか考えよう

運転免許を取得するときには、どんな車両を運転したいのかをよく考えましょう。それぞれ必要な受験資格がありますが、上位免許を取得すれば下位免許の車両も運転できます。例えば、普通免許を取得すれば原付や小型特殊車両を運転できるので、ひとつずつ取得する必要がありません。効率よく取得できるように計画しましょう。