Search
Search Menu
合宿免許所の出会い

合宿免許で免許を取得する目的は、価格が安いとか、早く取得できるといった理由が多くなります。しかしこれだけが大事なこと、楽しみにしていいことでしょうか。

もちろん、それらの理由も合宿免許のメリットではありますが、合宿免許では、他にもメリットがあるのです。

合宿免許に行くことによって、同世代の人たちと知り合えるという点があります。

普段は教習があったり、勉強をしたりするようになりますが、教習がない時には、のんびりと自分の時間を過ごすことが出来るようになります。そして、同じ目的を持った仲間たちの集まる場所でもあるのです。

さらに一人で参加している人たちも多く、話しをする相手がいませんので、何とか誰かと仲良くなりたいと思うようになるでしょう。

そんな思いは、一人で参加している人はみんな思っているものです。

誰かと話をすることによって、合宿免許での不安な事や、楽しいことなどを分かち合うことが出来ますので、同じ目的を持った者同士話も盛り上がるようになるでしょう。

合宿で免許を取るならクレジットカード払いOKの【合宿免許 くりっく】

同性とも出会いはもちろんのこと、異性との出会いもたくさんあります。

食堂で出会う事もありますし、ロビーなどでも出会う事があるでしょう。

ちょっとだけ勇気を出して話しかけてみれば、一人で参加して寂しい思いをしている人は、喜んで話し相手になってくれるものです。

せっかくの出会いですので、話しをしてみたいと思う相手を見つけたら積極的に話しかけていくといいでしょう。

合宿免許に参加して免許も取得して、友人や恋人もまとめてできれば、いろんなものを得ることが出来るようになります。

合宿免許での出会いを大切にしながら免許取得を目指しましょう。

出会いがあるのはうそではない-合宿免許体験談

合宿免許所とは自動車などの免許を教習所に通うのではなく約2週間泊まりがけで免許を取得する場所のことです。私自身も大学が地元ではなく県外へ出たため、なかなか免許を取れる機会がなく、長期休みを利用して取得することにしました。同じような人たちが合宿免許所にはたくさんいます。その合宿所は場所によって異なり、ホテルの1室に部屋として暮らすことの出来るようなリッチな合宿所もありますし、民宿のようなところで大勢で生活を共にする場合もあります。また、街中の場合もありますし、もの凄く山奥にある場合もあります。私の場合は後者の方で、民宿のようなところで1部屋8人くらいで共同生活をする合宿所でした。その部屋はもちろん同性となるのですが、2週間毎日教習や学科授業などで顔を合わせる異性と彼氏、彼女の関係になり、お付き合いが始まることもめずらしくありません。非日常的な出会いの空間となるためです。縁あってか、私もそのうちの一人となることになりました。
免許取得までの流れは通常の教習所と変わりません。仮免までは教習所内で練習をし、同時に学科授業を受けます。仮免に合格すれば路上に出て、最終日前日に実地試験です。ちなみに学科試験は自治体の免許センターで受ける必要があります。友人同士で来ている人たちも多く、1人で参加した私は最初は不安でいっぱいでしたが、毎日ずっと一緒にいると自然と仲良くなれるものです。同室の2人と仲良くなり、楽しい生活を送っていました。合宿所内にはその中でしか使用できない通貨があり、それを持って売店に行くと買い物が出来る仕組みがあったり、定期的にイベントが開催されることもあります。

私も友人とよく売店に買い物に行っていたのですが、そのときに良く出会う男の子たちがいました。年齢も同じくらいで、とても話しやすく、人見知りの私でも自然に話すことが出来たと覚えています。地元はとても遠かったのですが、大学が近くであったため、意気投合し、会うたびに会話をするようになりました。そんな中、夏祭りのようなイベントがあり、なぜか大縄跳び大会が開催されたのです。そこで彼とは同じグループになることになり、協力してみんなで楽しくイベントを満喫しました。距離が近づいたのはその時かもしれません。そこから連絡先を交換し、付き合うことになりました。しかしそれはゲレンデマジックならぬ、合宿マジックだったのかもしれません。彼氏になってからのピークは合宿当時がマックスで、それ以降は下降気味となり3か月くらいで分かれてしまいました。
しかし青春の1ページの思い出として今となっては良かったと思います。